福祉保育労って?

民間の保育園、学童保育、介護施設、障害者施設など、福祉職場の不安や悩みは、福祉保育労にご相談を!

こんにちは、福祉保育労です

 福祉保育労は、民間の保育所や高齢者介護、障害者福祉の職場など、福祉職場で働くなかまの全国組織の組合です。1986年に結成して35年の歴史があります。職員の大幅な増員と賃金の引き上げ、制度の拡充、福祉水準の向上を求めて、職場・社会・政府・自治体に向けて、とりくみをすすめています。

☆あなたの職場をチェック!

□休憩や休暇がとりづらい
□ハラスメントがある
□非正規雇用の待遇が低すぎる
□残業手当に上限がある
□サービス残業がある
□賃金が低すぎる
□職員の声が反映されにくい
□辞める人があいついでいる

☆変えていけるって、いいね!

〇休憩が取れるようになった
○1カ月目から正規・非正規ともに年休を付与
○ハラスメント防止規定を整備し研修も実施
○非正規雇用の時給UP&手当を改善
○処遇改善加算の支給方法を見直させた
〇一時金(ボーナス)の削減提案を撤回させた
〇労働条件が一方的に決められなくなった
○退職が減って働きつづけられるようになった

など、不安や悩みをガマンするか退職するかではなく、改善させる選択肢があります!

☆組合の権利って、いいね!

 労働組合に入ることは、憲法と法律で権利(団結権)として認められています。職場を改善していくうえで必要な組織です。
 団体交渉権をつかった対等な交渉で組合員の声を伝えることができます。経営側は交渉に応じる義務があり、組合員みんなで改善を迫ります。
 非正規雇用と正規雇用との「不合理な待遇差」の解消や、パワハラ対策の義務化など、法改正へ組合だから対応できます。

☆組合をつくるって、いいね!

負担が減って、職場の雰囲気が変わった!
 労働時間は長く、休みも少なく、退職したいと悩むなか、福祉保育労に相談して誘いあって加入。要求と交渉を重ね、職員が増えて、負担が減り、「職場に来るのが楽しくなった」という声があがっています。(群馬・保育園)

コロナ禍の年休強要・賃金カットを是正!
 コロナ禍の登園自粛で、本来は希望して取得する年休を強制的に消化させられた上に賃金もカットされ…。SNSで福祉保育労を知って、11人で加入して要求すると、対応がすべて是正されました。(兵庫・保育園)

労働条件の変更は協議のうえで
 一時金や手当の削減が一方的におこなわれようとしました。福祉保育労に集団で入って、対等な協議を重ねることができるようになりました。(北海道 高齢者介護・障害福祉の複合法人)

☆一人じゃないって、いいね!

 ☆学習会や交流会で知識となかまが増える

 ☆署名活動で改善が必要と世論が広がる

 ☆政府と交渉して制度を改善できる

 福祉職場の職員でつくる唯一の全国組織の労働組合です。非正規雇用でも、一人からでも、入れます。コロナ禍でさらに不安が広がる今、よりよい仕事をするために加入しませんか。みなさんからのご相談・お問い合わせをお待ちしています。相談は秘密厳守・無料です。

☆福祉保育労紹介リーフのご紹介☆

福祉保育労を紹介したリーフレットは、以下のリンクからPDFファイルをダウンロード・印刷してご利用ください。

◇福祉保育労紹介リーフ「福祉職場の不安や悩みは福祉保育労にご相談を!」PDFファイル
http://www.fukuho.info/wp-content/uploads/2021/10/leaf.pdf

 

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2011 - 2021 全国福祉保育労働組合