機関紙『福祉のなかま』

機関紙「福祉のなかま」2017年1月号を発行

福祉保育労の機関紙「福祉のなかま」2017年1月号(305号)を発行しました。

1面では、17春闘にむけてとりくんできた「福祉に働くみんなの要求アンケート」の中間集計(2178人分)の結果について報告を掲載。約94%の職員が仕事にやりがいを感じる一方で、「仕事を辞めたいと思ったことは?」の問いに対し「いつも思っている」「時々思う」の合計が7割近くに及ぶ深刻な実態が浮き彫りになっています。賃金が安く、人手は足りず、休暇もとれないなどの不満や不安が高まるなかで、大幅な職員の増員と賃金の改善を求めていきましょう。

2・3面では、『2017年 みんなのチャレンジメッセージ』として、15人の組合員が新年の決意を掲げています。ご注目ください。みなさんはどんなチャレンジメッセージを掲げますか。

4面の『伝えたい組合の力 Myメッセージ』の3回目は、神奈川県本部・緑陽苑分会の佐藤正樹さん。降格処分・出勤停止など法人による度重なる不当労働行為に対して、あきらめずに訴え続けることで展望を開いてきています。「お便りありがとう」のほか、「共済コーナー」では、インフルエンザによる給付事例を紹介しています。

◇福祉保育労機関紙「福祉のなかま」2017年1月号(305号)PDFファイル
http://www.fukuho.info/wp-content/uploads/2017/01/17_01.pdf

 

ぜひお読みください。

Share (facebook)

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2011 - 2017 全国福祉保育労働組合 All Right Reserved.