機関紙『福祉のなかま』

「福祉のなかま」2019年1月号 アンケートで「やめたいと思う」が7割に… ゼッタイ実現!大幅増員・賃金アップ 12人の2019年「私のチャレンジ」メッセージも

 福祉保育労の機関紙「福祉のなかま」2019年1月号(327号)を発行しました
 
 1面では、昨年9月からとりくんでいる「19春闘 福祉職場で働くみんなの要求アンケート」の中間集計を分析。「とてもやりがいがある」と「やりがいがある」の合計は91%になった一方で、「仕事をやめたい」と「いつも思っている」+「時々思う」の合計は70%に達し、10年前の調査結果から5ポイントも悪化しています。蓄積疲労傾向も前年よりも深刻になっています。

 春闘にむけた賃金の平均月額要求額が3万3332円と過去最高水準となったなか、大幅な増員と賃金引き上げを求めていこうとよびかけています。

 2・3面では、2019年にやりとげたい「ゼッタイ実現!私のチャレンジ」メッセージを掲載。保育園や介護事業所、障害福祉事業所、児童心理施設などで働く12人がメッセージを掲げてアピールしています。みなさんの「私のチャレンジ」はどんなものでしょうか。
 
 4面の「伝えたい組合の力」のコーナーは、埼玉県本部の執行委員になった保育士が登場。「何でも気軽に話せる職員関係や職場の雰囲気」を意識して、積極的な活動をすすめています。 共済コーナーでは、災害が多かった2018年を踏まえ、「ワンコイン共済」と火災共済に入って、安心・安全の暮らしをとよびかけています。

◇福祉保育労機関紙「福祉のなかま」2019年1月号(327号)PDFファイル
//fukuho.info/wp-content/uploads/2019/01/19_01.pdf

Share (facebook)

▲ このページの先頭にもどる

© 2011 - 2019 全国福祉保育労働組合