とりくみ

ゆるせません!国民から介護を取り上げる介護保険大改悪

カテゴリー:

政府・与党は、介護保険制度の大改悪を含む「医療・介護総合法案」を提出し、要支援者外しや特養ホームの入所制限などをおこなおうとしています。

「福祉は権利」ではなく、「基本は自助」の名のもとに、介護をさらに自己責任にしていくものです。

介護を切り捨てる法案のもと、要支援者に対する現行の訪問介護や通所介護を市町村に丸投げし、ボランティアなどに委ねていく方針のほか、特養ホームの入所も要介護度3以上に原則制限するなど、これまでの介護保障や介護労働の専門性を崩すことになります。

福祉保育労として宣伝ビラを作成し、これらの問題を広く伝えようとしています。広めていただくなど、ぜひご活用ください。

2014春・福祉保育労 介護保険改悪反対ビラ(PDFファイル)
14kaigohoken-bira

 

Share (facebook)

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2011 - 2017 全国福祉保育労働組合 All Right Reserved.